タイトル部分
topへ戻る タイトル部分
ガバナーからのメッセージ

2021-22年度 国際ロータリー
第2530地区 ガバナー


志賀 利彦(いわき小名浜ロータリークラブ)

志賀利彦

 2021-22年度国際ロータリー第2530地区のガバナーを務めさせていただきます、いわき小名浜ロータリークラブ所属の志賀利彦です。
 昨年から続くコロナ禍の中で、当地区の重要な諸行事が、オンラインによる開催となっておりますが、未曽有の困難に誰もが苦しんでいる今だからこそ、私たちは、敬愛するポール・ハリスが望んだ友情と寛容の精神を基礎に励まし合い、支え合い、満々たる闘志をもって、勇往邁進したいと存じます。
 人は一人では生きていけません。私たちは、仲間のロータリアンに対してロータリーで出逢った縁を大切にし、お互いに、相手の長所に注目し、相手の欠点は自分が補ってあげることによって、ロータリーの真の友情が深まり、ロータリーが永きに亘る発展を遂げる、と考えております。ロータリアンは、優しい言葉、人を称える言葉を語り、相手の良さを認めることを習慣としたい。言葉には生命が宿り、貴方の温かい言葉が、相手を勇気づけ、時には困難を克服する力ともなる、と考えております。
 シェカール・メータ2021-22年度RI会長の掲げる国際ロータリーのテーマは『SERVE TO CHANGE LIVES』(奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために)です。他の人の為に生き、世話をし、奉仕することで誰かの人生を豊かにすることは、自分の人生の最高の生き方である、と述べています。そしてシェカール・メータRI会長が特に強調されていたのが『Do More Grow More』(もっと行動し、もっと成長する)という考え方であります。そのために、7回の『会長主催会議』と全クラブが参加する『ロータリー奉仕デー』という二つのアイデアを示されました。
 また、次年度最大の目標は、全世界の会員数を120万人から130万人にすることで、その方策として提唱されているのが『Each One Bring One』(みんなが一人を入会させよう)というスローガンです。地区内63クラブが会長のリーダーシップの下、ガバナー補佐、地区委員会と連携しつつ、大きなインパクトをもたらすプロジェクトに取り組み、且つ世界全体の会員数を初めて130万人にするという課題は、まさに挑戦そのものです。挑戦に立ち向かうのがロータリアン、貴方ご自身です。
 ロータリーは例会に始まり、例会に終わると言われます。クラブ例会を楽しくし、会員一人一人がクラブ内での役割を担い、私はクラブから必要とされていると思える組織と雰囲気を作りましょう。公式訪問で会員の皆さんとお会い出来るのを楽しみにしております。先輩各位の積極的なご指導ご支援を賜りながら、皆様と胸襟を開いて率直に話し合い、手を携えて、ロータリーの発展に貢献したいと切望しております。何卒よろしくお願い申しあげます。

2021-22年度 地区活動目標・数値目標

  1. 会員増強
    • 「みんなが一人を入会させよう」のスローガンのもと、会員増強に取り組む。
    • 2021年1月末現在2278人の会員数を2022年6月末までの17か月で2468人に増やす。増加率は8%、増加人数190名。
    • 女性会員の割合を、現在の7.5%から10%に増やし、2022年6月末までに女性会員の数を247人にする。そのために各クラブ1名以上を目標とし、女性会員のいないクラブは、理事会で女性会員の入会について検討する。
    • 退会防止に取り組み、前年度より会員維持率を高める。

  2. ロータリー奉仕デー
    • 「二つ以上のクラブで」という条件のため、まず分区単位での取り組みを推奨する。
    • ガバナー補佐の指導のもとに、ロータリーの重点分野に関するイベントを企画し、地域の人々と一緒に「ロータリー奉仕デー」を開催する。
    • 委員会の特色を活かした「ロータリー奉仕デー」を企画し、地区全体での取組みに広げる。

  3. ロータリー賞への挑戦
    • My ROTARY の「ロータリークラブ・セントラル」から目標を入力する。
    • 目標を入力することを通して、クラブが取り組むべき課題を浮き彫りにする。
    • 年間を通して進捗状況を管理し、全クラブがロータリー賞を目指す。

  4. インターアクト、ローターアクト、学友との連携
    • インターアクト、ローターアクト、学友との連携を深め、例会やロータリー活動への参加、お互いの交流をはかる。
    • RYLAには各クラブ1名以上の若者を参加させる。

  5. ロータリー財団への理解と、地区財団活動資金(DDF)活用
    • 年次基金に、ひとり150ドル、ポリオ根絶のためにひとり30ドルを目標とする。
    • 寄付ゼロクラブの無くする。年度末に送金しているクラブは送金時期を見直す。
    • ベネファクター(恒久基金に1000ドル以上寄付)、各クラブ1名以上を目標とする。

  6. 米山記念奨学会への協力
    • 普通寄付:ひとり5,000円、特別寄付:ひとり10,000円。
    • 多くのクラブが、世話クラブ、カウンセラーを引受け、米山記念奨学会への理解を深める。

  7. RLI(ロータリー・リーダーシップ研究会)の推進
    • 地区委員会に「運営チーム」と「DLチーム」を設置。
    • DL(ディスカッション・リーダー)の研修を強化し、円滑な運営体制を確立する。
    • 会長エレクト、幹事予定者、入会間もない意欲ある新会員・・など参加者を増やす。

  8. 地区のIT化推進
    • 「会合のオンライン化」に積極的に取り組み、地区のIT化をより一層進める。
    • 地区のデータ整備、各種セミナーの登録システムの効率化等にも取り組む。

  9. 地区事務所固定化の推進
    • 郡山に地区事務所を設置し、青少年奉仕・ロータリー財団・米山記念奨学会・RLIの4委員会の事務を取り扱う。
    • 「いわき」「郡山」「喜多方」の3か所の事務所が連携し、スムーズな地区運営に努める。

  10. 地区会員全員の名簿作成
    • ・プライバシーに十分配慮しながら、全会員の名簿を地区のホームページ上などで見られるような仕組み作りに取り組む。

2021-22年度 地区運営方針

  1. RIテーマを理解し、もっと行動し、もっと成長しよう。
  2. 会員を増やし、参加者基盤を拡げよう。
  3. クラブ例会を楽しく。会員ひとりひとりがクラブ内での役割を担おう。
  4. ロータリーの新しい重点分野「環境保全」を推進しよう。
  5. ロータリー奉仕デーを通じて、ロータリー活動を紹介し、公共イメージを向上させよう。
  6. ローターアクト、インターアクト、学友との連携を深めよう。
  7. 全クラブがロータリー賞にチャレンジしよう。
  8. ロータリー財団への理解を深め、DDF(地区財団活動資金)を活用しよう。
  9. 米山記念奨学会への理解を深め、協力しよう。
  10. RLI(ロータリー・リーダーシップ研究会)の地区組織を強化し、参加者を増やそう。
  11. オンライン会合を支援し、地区のIT化をより進めよう。
 

<プロフィール>
氏名:志賀 利彦(しが としひこ)
生年月日:1947(昭和22)年7月10日
所属クラブ:いわき小名浜ロータリークラブ
職業分類:電気工事業
事業所名:泉電設株式会社
役職:代表取締役社主
勤務先住所:〒971-8185 福島県いわき市泉町5丁目10番地の6
TEL:0246-56-5811
FAX:0246-56-5691
E-mail:toshihiko_shiga@izumidensetsu.co.jp
自宅住所:〒971-8188 福島県いわき市泉もえぎ台2丁目10番地の4
TEL:0246-56-6665
FAX:0246-56-9111
最終学歴:1966年3月 福島県立勿来工業高等学校電気科 卒業

【ロータリー歴】
1999年8月5日いわき小名浜ロータリークラブ入会
2011-14年度第51代クラブ幹事
2012-14年度地区国際交流委員会 委員(2期)
2014-16年度地区米山記念奨学会委員会 副委員長(2期)
2017-18年度地区戦略委員会 委員
2018-19年度第58代クラブ会長
2019-20年度地区戦略計画委員会 委員
2019-20年度地区青少年交換委員会 委員
2019-20年度ガバナーノミニー
2020-21年度  ガバナーエレクト
マルチプル・ポール・ハリス・フェロー(+4)  
第4回米山功労者マルチプル

foot